travel

5月5日が端午の節句になった理由から 菖蒲、ちまきと柏餅食す理由

こんにちわ。  モカです。

5月5日は、「端午の節句」と「こどもの日」です。
端午の節句は、中国の方からやってきたそうです。

「端午の節句」が5月5日になったものちゃんと意味があります。 

端午の節句(男の子の節句)の由来は、中国から

「端午の節句」とは、男の子の誕生と成長を祝い、無病息災を祈ると言う意味です。
その端午の節句の始まりは、古代中国が奇数が重なる日は、「強い陰をなす日」で恐れられ、身を清めて、お供養をする日とされていた。

端午と言う言葉の説明について(なぜ、5月5日になったのか)

最初に端午の節句について、説明します。

端午の節句とは、年間5回ある節句です。
①1月7日 人日(じんじつ)=七草がゆを食べます。
②3月3日 上巳(じょうし/じょうみ)=桃の節句、女の子の日
③5月5日 端午(たんご)=菖蒲の節句とも言われ、男の子の日
④7月7日 七夕(たなばた/しちせき)=七夕
⑤9月9日 重陽(ちょうよう)=菊の節句とも言います。
の五節句のうちの1つで、古来中国の陰陽五行説です。
これらの「節句」と言うのは、季節の節目の厄払いをして、無病息災や豊作、子孫繁栄などを願う行事です。

「端」は、「はじめ」を指し、「午」は「牛 うし」を意味します。
「牛の月」は、旧暦で5月を指しますので、当初は「五月のはじめの午の日」でした。
それが、午が5日になり、5月5日が端午の節句となりました。

5月5日と言えば、こいのぼりです。

「こいのぼり」は、「鯉」の形をした「のぼり」ですが、江戸時代の頃、武家に男の子が誕生したことを「のぼり」を立てて、周りに知らせる風習がありました。

武士たちは、端午の節句のときにも、鎧兜や槍を飾り、「のぼりばた」も上げていました。
しかし、庶民には「幟旗」などを上げられるはずもなく、そこで考えられたのが、「登竜門」の伝説を参考に、「鯉の滝登り」をイメージして、和紙で鯉の幟を作り、それを上げました。
それが現在の「鯉のぼりの由来だ」と言われています。

武家であろうが、庶民であろうが、我が子の「立身出世を願い」、5月飾りで神様に守ってもらう目印に家外に飾るようになりました。

風に吹かれても、負けずに、どんどん高く舞い上がれと言う気持ちで飾られました。

菖蒲の節句と言われる由来

5月は、毎年病気が流行り、多くの方がなくなったために「忌の月」とされ、「厄災や邪気を払う」ために、菖蒲を飾ったり、菖蒲酒を造り、飲んだりしていました。
実は菖蒲には、薬効成分が含まれているので、漢方医学にも使われています。
そのため、菖蒲が使われるようになりました。

奈良・平安時代には、宮中で「五月の節会」を行うようになりました。
その時、貴族の間では、菖蒲を飾ったり、薬草を包んで「薬玉(くすだま)」を作り、贈りあったりして、「健康と厄除けを祈願」していました。

江戸時代になると幕府は、「端午の節句」を大切な日の祝日として、定めました。
武家社会では、この日、厄除けとして、菖蒲を飾る以外に、鎧兜や五月人形を飾り、「男の子の厄払いと立身出世」を願いました。

日本には室町時代には、伝わっており、しょうぶ湯、菖蒲酒(あやめさけ),菖蒲刀(あやめがたな)などの厄払い薬草として、用いる習慣が根付いていたそうです。

これから来る暑い夏を乗り切るための生活の知恵だったのでしょう。

ちまきと柏餅の理由

中国の古事によりますと5月5日に川に身を投げた忠誠の高い政治家・詩人「屈原」を慕う人々が彼らの亡骸が魚に食されないよう「ちまき」を川に投げ入れ、供養したのが始まりです。

その後、忠誠心のある子に育ってほしいと願って、子供に「ちまき」を食べさせるようになり、その風習が日本にも伝わってきたと言われています。

柏の葉には、新芽が出てから古い葉が落ちると言う特徴があります。
「家系が絶えない子孫繁栄」の意味があります。
そのため、柏の葉に撒かれた柏餅を食べるようになりました。

こどもの日は「子供たちをお祝いする日」

「こどもの日」とは、男の子、女の子、お母さんの日です。
お母さん?って思うかもしれませんが、昔は子供を出産は命がけの作業でした。
最初は「子の人格を重んじ、子供の幸福をはかると共に母親にも感謝する」と言う意味がありましたが、「母親に感謝する」と言うところに関しては、だんだんと意識が薄れていってしまったようです。

しかし、「子供の日」は、国民の祝日に関する法律第二条に基づき、制定されることとなりました。
多くの方が5月5日を「子供の日」にするのが良いと希望されたので、5月5日に決まったそうです。

と言うわけで、5月5日は端午の節句=子供の日ではなく、「端午の節句」と「こどもの日」が、同じ日になったのです。