travel

スケジュール帳と来年の自分が少し変わっているかもしれない手帳

こんにちは。モカです。

毎年、皆さんは、手帳を使ってらっしゃいますか?
お持ちの人はどのような使い方をしていますか?
店頭にもいろいろな手帳が並び悩んでしまいますが、皆さんはどんな風に選んでいますか?毎年、決まった手帳をお使いですか?

急に話は、変わりますが、自分を変えてみたいと思ったことは、ありませんか?
今、あなたが生きにくくなければ、変える必要は、ありません。
少しでも、生きにくいと思うのでしたら、手帳を使って、自分を変えてみませんか?
自分をかえることはものすごく難しいです。
だから、少しだけ、手帳を使う事で来年は、少し変わったあなたに会えるかもしれませんよ。

毎年、いつも使う決まった手帳

毎年、使いやすいなどの理由で同じ手帳を買う方。イラストで選んで買う方。中身の内容で選んで買う方。自分流の必要としている中身だったり。外見だったりなどご自身が使いやすいと思うまたは、こだわる手帳を買われているのでしょう。

実は私は毎年、毎年悩んで悩んで買いますが、未だにこれだと思う手帳、毎年このメーカーのこの手帳にしょう。と思う手帳には出会えていません。

手帳の使い方

仕事とかパートやアルバイトの予定や行事、遊びなど、その方の中心になるものに合った手帳を購入しているのがいつもの手帳です。

今は携帯電話が手帳代わりになっている方も少なからず、いらっしゃいます。確かにずっと持っていますし、重宝しそうですね。
それにちょっとしてメモ書きの役目をしてくれたりもするので、助かります。

仕事がシフト制の方は、今はアプリなどがあるのでそれを利用し、紙の手帳には、休みの日の予定や病院に行く日。子供の行事などを書きます。と言う方もいらっしゃるでしょう。
何となく紙の方が安心すると言うか。落ち着くと言うか。ありませんか?
何を使うにしても毎日、使うもの手帳を1冊です。

いつも使うスケージュールなどの手帳はそのままで、あなたがいつも使う通りに使ってください。

自分が変わるため

日頃から自分がかわってみたいな。と思う方はいませんか?
そのような方は例えば、上記以外のいつもの手帳に加えて、1冊の手帳でもノートでも持つことであなたが少し変わる事が出来きます。
そんなアドバイスをさせてください。

超が付くぐらいネガティブで、マイナス思考で、すぐ凹むなど。
自分で変わりたいと思わないと変われないんです。
急には、変わることが出来ませんし、他人が自分の為に変わってくれることは、ありえません。
自分がなりたいように少し、生きやすいようにかわりましょ

良いことだけを書いていく日記を書く

日記を簡単に書いてみると言われても、毎日何かが起こるわけでは、ないし、ノートに書くほど、書くこともないんです。
それこそ、3日坊主になりかねません。
始めたころは、何を書いて良いかもわかりませんし、昨日と同じことを書いている。となることにもなりかねません。

手帳でしたら、どうですか?
たくさんの余白もありませんし、書けても5行ぐらいです。
これなら続けられませんか?

書く内容は、文章であったり、単語を並べただけでも、絵を描くだけでも良いです。
出来れば内容は、今日、自分が頑張ったこと。良いこと。今日は出来なかったけど次、同じような事があったらこうしてみる。など自分が前向きになることを書きます。
どうしても書くことが無いときは、こんな風になりたい。やこんなことがやってみたいなどを書きましょう。

これなら、できそうではないですか?

月の初めには、今月は○○ができるようになる。とできそうな目標を作って月初めのページに書き込んでおくと良いです。
最初から出来そうもない目標を立てても落ち込むだけ。
やっぱりできなかった。となってしまうので、最初は、低いちょっと頑張ればできそうな目標にすると良いです。
目標が達成できなければ、次の月も同じ目標にしても良いです。
大切なことは、低い目標にして、達成した。と言う事が大切です。
自分が出来たことにより、成長した。と言う気持ちが持てることです。

最初の内は、目標設定も。良いことを書くのも。頑張ったことを書くのも難しいかもしれません。
だんだんと慣れてくれば、それも出てきます。
それも難しいと思ったら…。

自己肯定感を高める手帳を使ってみるのも1つの方法

自分で何か考えて書くのは難しいと言う方には、自己肯定感を高める手帳と言うのも売っています。

中身には、最初に色々と質問があり、それに答えを書きます。
例えば、幸せ・人間関係・くらし・仕事・恋愛関係などについて質問が書いてありますので、そこにご自身の答えを書き込みます。
最初見たときはそんなことわからない。と思うこともあります。
その時は空白で、思いついたときに記入すればよいのです。

マンスリーのページは予定を書けるスペースもありますので、そこにご自身の予定を書き込みます。
月の最初にはマンスリーカレンダーもついているので、月の全体の予定が書けます。

今月の目標と今月の振り返りのページがあります。
そこも質問形式になっているので自分の思ったこと、今月遣りたい事、今月頑張った事、楽しかったことを書きます。

その後に1日の始まりとあり、センターピン・やること。1日の振り返りとして良かったこと・今日のありがとう・今日のきもち。と書くスペースがあります。

このようになっていると書くことも決まっているので、上記のように書くことに困ってしまうと言うことはないですし、自分に合わない質問であれば、それ自体をかえてしまっても良いです。

これ以外にも今は自分を好きになるための手帳や仕事ができる手帳などいろいろな種類があると思いますので、ご自身に合うものを探してみてください。

大切なアドバイス

日記にしても、手帳にしても必ず書いてほしいことがあります。
それは、毎日の1日の中で、嬉しかったこと。楽しかったこと。出来たこと。などポジティブなことだけを書いてください

最初は、どうしても、1日の嫌だったことやダメだたことや出来なかったことなどのネガティブな事を思い出して、そればかりが浮かんでくるかもしれません。
本当に1日嫌な事、ダメだったこと、できなかったこと、怒られたことなどしかなかったと言うことはないはずです。

1日の生活を思い出して、たとえ、どんなに小さなことでも構いません。
最初は単語だけでも良いです。
見つけるのが難しいかもしれませんが、1日、生きていて何もないと言うことは、ありません。
きっと何かはあります。
今日、虹をみた。花が咲いていた。満月だった。などなど小さなことでも良いのです。
1日を振り返って、考えて、思い返してみて書いて下さい。

必ず、だんだんと慣れてきてスラスラと。書ききれないぐらいポジティブだったり、楽しいことだったりすることが書けるようになります。

変わる

そうしたら、少しずつ、あなたの何かがかわってきます。
来年の終わりに少しでも変わった自分に合うために…。やってみましょう。
明日からではなく、今から。それも自分が変わる1つですよ。