food

定番おでんに変わり種を入れてアレンジ。最後は残りのおでんを使い切りのレシピ

こんばんわ。モカです。

毎日、寒いですね。お鍋が恋しい季節です。
お鍋は、野菜もたくさんと摂取できますし、身体も温まりますし、身体にとても良いです。
それに加え、最近では、お鍋の種類が増えて、味も変わり、簡単にできる。と言うのは、ありがたいです。

お鍋の中でも、おでんは少し時間がかかるわりに、お野菜の少ないお鍋ですよね。

おでんの具を替えてアレンジ

コンビニでは、おいしい暖かいおでんが売られています。
外で働く人にとっては、とてもありがたいですし、ついついおいしいので買ってしまう方も多いのではないでしょうか。
コンビニによっては、おでんの御出汁にうどんを入れるなどの変わった食べ方をしているお店もあります。

しかし、コンビニではコロナが広がり、衛生面なども考え、おでんをやっていないお店も出てきていますし、売っていても、店員がとってくれる形にしている所が多く見られます。

例えば、こんなおでんを楽しんでみてください。

定番おでんの具(関西の御出汁)

大根、手羽先、白滝、スジ肉は、先におでんの出汁と一緒に圧力鍋で煮ます。
圧力鍋で煮れば、スジ肉と手羽先は、とても柔らかくなります。
手羽先は骨からほろりととれるようになります。
スジ肉は、おでん用の串に刺しているのも良いですが、少し手がかかりますが、肉売り場にあるスジのお肉を一度茹でて、ザルに上げて水洗いをしてから(あくを洗い流します)圧力鍋に入れるとまた、串のスジとは違った感じが出ます。

圧力鍋で煮ると大根をかなり厚く切っていても柔らかく、味もしみて、尚且つ、時間も短縮できます。
スジ肉や手羽先から出た出汁も一緒にすってくれるので、おいしくなります。

上記の具とだし汁を大きな鍋に移し、ゆで卵、ジャガイモ、がんもなど入れ、少し煮ます。(出汁が足りないと思うので、足してくださいね。)
平天、ごぼ天、餅巾着、厚揚げ、魚河岸、こんにゃく、ちくわなどを湯通しし、練り製品は15分から20分ぐらい煮れば、出来上がりですので、それ以外で先に煮る必要のある具を煮てから、最後に練り製品を入れることをお勧めします。
各ご家庭で入る具を入れてください。
食べる少し前にはんぺんを入れてください。

かわった具を加えてアレンジおでん(関西の御出汁)

昨日、残った具と出汁にまた、出汁を足して、今度は変わり種をいれて、アレンジでも良いと思いますし、初めから少し違った具を入れて、アレンジおでんにしても良いと思います。
昨日の残りに足しておでんでも、違う具を入れることで見た目もかわりますので、二日続いてもよいでしょう。

かわり具の例えば、ロールキャベツ、ウインナー、シュウマイ、プチトマト、玉ねぎ、トウモロコシなどを入れます。
定番の具を加えてくださっても構いません。

野菜の宝袋などを作って入れると野菜が増えます。
作り方は、薄揚げを湯通しし、半分に切って、袋状にして、その中に野菜(にんじん・シイタケ・ごぼうなど)を千切り状態にして、揚げの袋の中に一種類の野菜だけでなく、何種類か一緒に入れるのもよく、袋の口を楊枝で止めます。
中からいろんな野菜が出てきて、楽しいですし、袋に入れてあるので、食べやすいです。
エノキをベーコンで撒いて楊枝でとめて、一緒に入れる。など。

おでんを入れていない具も入れてみて下さい。

残りおでんを炊き込みご飯(関西の御出汁)

おでんの出汁は、具のおいしい出汁が出ているので捨てるのはもったいないです。

おでんで残っている具をある程度の大きさにして(炊き込みご飯の具になるぐらいの大きさ)、お米におでんの出汁と具を入れて、炊き込みます。
おでんの出汁が足りない時は出汁を足して、味を見てください。味が足りない時はみりん、お酒、しょうゆなどの調味料で好みの味にしてください。
おでんの出汁だけで間に合うときは特に味付けをする必要はありません。

日本のご当地おでん

上記ではおでんの具だけにこだわりましたが、全国をみてみるとおでんの御出汁がちがったり、からしをつけないで、他の調味料を付けてと色々とありますね。

北海道の方のおでんは、昆布出汁で白子、ふき、ホタテなどの海鮮が入っています。

青森の方では、たけのこ、つぶ貝、山の幸が入っています。 付けだれは、生姜みそです。

名古屋の方では、有名ですが、八丁味噌に三温糖、お酒で作る甘辛い出汁で、豚もつ、各麩、焼き豆腐などが入っています。

金沢の方では、昆布だしですが、あっさり出汁で、車麩、赤巻きなどを入れっています。

その地域地域で違うおでんがあります。
食べてみたいですね。

こうやって、他の地域のおでんを見ているとまだまだ入れたことのない具が入れられそうです。
野菜も、海鮮もや麩など。
各家庭のオリジナルおでんを作るのも楽しいです。