travel

成田山新勝寺の参拝方法と境内の詳細とパワースポット

こんにちわ。  モカです。

成田山新勝寺・鶴岡八幡宮・明治神宮などの多くの寺院は、コロナ渦の中で、初詣などの参拝をされる方が少なくなったと言われますが、それでも多くの方が参拝にいらっしゃいます。
成田山新勝寺は明治神宮に次ぐ第2位の年間参拝に入るほどです。すごいですよね。

川崎大師高尾山薬王院と並ぶ真言宗と智山派の三大本山です。
また、成田空港からも近いことがあり、他の国の方にも人気の観光地で、ミシュラン観光ガイドでも2つ星をとるほどです。

 

成田山新勝寺の知っておきたい参拝の仕方

成田山新勝寺の境内の説明などの前に、参拝方法を書いておきますね。

総門で一礼

参拝者を迎える総欅造りの荘厳な雰囲気がある総門は、開基1070年記念事業により、2008年に建立されました。
この先からはお不動様の御庭ですので、一礼をしてから入りましょう。

手水舎で手と口を清める

広い堂庭を抜けて、階段の手前の右手に手水舎があります。
そこで、柄杓で水をすくい左右の手にかけた後に、手の平に水を注ぎ、口をすすいで清めてからお詣りに行きましょう。

仁王門をくぐって先に進みます

古くから成田山の門を守ってきた金剛像。左側には「密迹」・右側には「那羅延」が泰安されている象徴的な仁王門は、江戸時代に建立されました。
また、門の裏側には、「広目天」・「多聞天」の二天がいらっしゃいます。

門の中央にある赤く大きな提灯があり、「魚がし」と書かれています。これは、東京・築地の魚河岸の旦那衆により奉納されたものです。

香閣で心のお清め

仁王門から上がると香閣があります。香閣から立ち上る煙を身体の痛い部分や具合の悪い箇所に当てると良いと言われまあす。
一緒にきたペットの調子の悪い箇所に当てている方もいらっしゃいます。最近は、ペットも今は家族と一緒ですからね。

大本堂にて一礼、合掌

大本堂については、後で詳しく紹介しますね。
ここでは、参拝方法のみを書かせていただきます。

お賽銭箱の前で、まず、一礼し、お賽銭を入れる方は、このタイミングで入れてください。 その後、合掌をして、御祈りをし、一礼をします。

堂内でお不動さまへお祈り

正面のお不動さまを拝し、一礼後、合掌してお祈りしてください。その後、軽く一礼します。

お守りや御護摩などの申し込み

大本堂の両脇、香閣の左手に御礼受場があります。                  お不動さまの御分霊であるお守りにより、毎日、御加護を受けられます。

お守りの中で「身代御守」があります。
このお守りには、こんな言い伝えがあります。江戸時代に大工の辰五郎が仁王門の上から地面に真っ逆さまに落ちた時、身に付けていた身代御守が、真っ二つに割れましたが、辰五郎は怪我1つ無かった。との事でした。

 

成田山新勝寺

平安中期に「平将門の乱」を鎮めるために、弘法大師により、敬刻開眼された不動明王像を奉納して、真言密教の寛朝僧が、開山し、この地で21日間の討伐祈願をしたのが始まりです。

新勝寺とは、「新たに勝つ」と言われ、災厄をことごとく消除することを意味する。

御仏前で不動明王の真言「ノウマク・サンマンダバザラダン・センダ・マカロシャダ・ソワタヤ・ウンタラタ・カンマン」と唱えると良いそうです。

大本堂

御不動さまのご利益を頂ける中心道場であり、そこで焚かれる御護摩祈祷は開山以来一日も欠かさず、この中心道場で行われ、続けています。
「御火加持」では、大切なものを御護摩の火に当てることで、お不動さまのご利益が得られます。
初めて参拝した時に、見て、何も知らなかったので、何をしているのだろうと思いましたが、いつも身に付けているものなどを御護摩の火に当ててもらうことで、いつもそのご利益を持っていると言うことになりますね。

三重塔

1712年の創建当時の姿をそのまま残しており、極彩色の塔で国指定重要文化財になっています。

釈迦堂

1858年に建立されたかつての本堂。
1964年に現在の場所に移され、開運厄除の祈祷所となっています。

厄除けやお祓いスポットです。

光明堂

1701年に建立された旧本堂です。
堂内の正面には、大日如来が居て、向かって左側には、不動明王が居て、右側には良縁結びにご利益がある愛染明王がいらっしゃいます。と言うわけで、こちらは恋愛成就のスポットです。

清龍権現堂・妙見宮

清滝権現堂は、龍の女神と言われ祀られています。
その脇の階段を下りていくと雄飛の滝があります。滝の右側には「御滝不動尊」が安泰されております。滝は緑の木立、苔の生えた岩、滝つぼに落ちる水の音に耳を傾ければ、心が癒されていきます。
清らかな水の浄化スポットです。

妙見宮は、成田山の開山前からこの土地に護ってきた地主神ですので、きちんと参拝することが開運の一つのポイントです。

出世稲荷

大本堂の正面左手に進み、階段を上がったところに、ひっそりと商売繫盛・開運成就のお稲荷様があります。
出世・仕事運アップです。

少しでも成田山の事を知ってから参拝するとまた、見方が変わります。ぜひ、広い成田山の境内を参拝しながら、歩いてみて下さい。