travel

明治神宮の境内のパワースポットや見どころ

こんにちは。 モカです。

明治神宮と言えば、東京都内有数の規模を誇り、関東を代表する寺社です。
初詣の参拝客数では、例年全国の寺社の中でもトップを誇ります。
新年を迎えると良く、ニュースやバラエティーなどでテレビで拝見し、その人の多さにびっくりするほどです。このコロナ中でも参拝者は少なくなったと言われていますが、それでも、かなりいらっしゃいます。

 

明治神宮

明治天皇は、日本全国から愛された天皇であったため、お亡くなりになられた時は、国民から天皇の死を偲ぶ寺社の創建したいと望む声が上がったことから、明治天皇を祀るために建ちました。
しかし、社殿の多くは戦争で焼失してしまいましたが、昭和33年に復興させ、今に至っております。

明治神宮の広大な場所には、東京都内有数の強力なパワースポットとして有名です。

大鳥居

鳥居の高さは12m、柱間9.1m、柱の径1.2m、笠木の長さ17mと日本一の鳥居です。  大鳥居から始まる自然に囲まれた参道は、大鳥居から溢れる生命力の得られるパワースポットです。
また、「守朱の杜」と呼ばれ、生命力だけではなく、癒しのパワーもあるので参道を歩くだけでもパワーを頂けます。

本殿

三ノ鳥居を通り抜けるてからの参道は社殿に続きますが、とても神聖なエリアとなり、パワーも一層強力になります。

拝殿前にある樹齢100年になる「夫婦楠」は、仲が良かった御祭神の明治天皇夫婦を表し、恋愛成就や夫婦円満のパワースポットです。
ここから拝殿を通って、本殿に向かう道は強い良縁のエネルギーが流れており、神殿もすべてパワースポットであると言われています。

神楽殿・長殿・車祓舎・隔雲亭・桃林荘

神楽殿は、家内安全や厄払い、初宮や七五三などいろいろな御祈祷が行われています。

長殿は、御札やお守りをお渡しする授与所です。

車祓舎は、まずは、神楽殿で交通安全祈願を済ませてから、車祓舎で車のお祓いをしていただきます。

隔雲亭は、明治天皇が昭憲皇太后の為に御造りになられたご休憩所。茶室となっており、座礼の間と立礼の間があります。

桃林荘は、神祭神ゆかりの「桃華殿」を移築いたしました。

宝物殿

国の指定重要文化財になっています。

宝物殿の入り口の前の芝生広場の北池の手前には、亀石があり、道を切り開く力を得られるパワースポットとされています。
また、亀は風水上でも仕事運や金運アップとされていますし、健康や長寿のパワースポットでもあり、特に亀の頭部から強いパワーが出ています。

宝物殿の前には国歌にも登場する「さざれ石」があり、石灰質の小石が集めたものなので浄化のパワーがあります。
水晶などで作られたさざれ石はパワーストーンとされています。

 

明治神宮内のお勧めスポット

お勧めスポットも人それぞれ、色々とあるとは思いますが、地名になった場所やパワースポット、見どころを少し記載しておきます。

代々木

南参道の右側には代々「樅(もみ)」の木々が大木として育ち「代々木」と言う地名が生まれました。
明治神宮から出来た地名だったんですね。

御苑

江戸時代初期以来、加藤家、井尹家の下尾敷の庭園です。
武蔵野特有の雑木林の面影があり、四季折々の風情が楽しめるので、ゆっくりと過ごしてみるのも良いでしょう。

清正井(清正の井戸)

拝観料は500円で、加藤清正が掘ったと伝えられています。
都内有数の名湧き水とされています。湧き水は、悪い気を浄化して、運気を向上させるパワーがあるといわれており、特に金運アップにご利益があります。

明治神宮で、最も有名なパワースポットで、携帯電話の待ち受けにするとよいパワーが得られると話題になりました。

菖蒲田

明治天皇が昭憲皇太后さまの為に、150種類、1500株の花しょうぶを植えられました。  その美しさは、6月上旬から中旬に見られ、開花時期には、浄化のパワーが強まると言われています。 1500株の花しょうぶが一斉に咲くとそれは見事なものです。

 

イベント

明治神宮では初詣を始めとして、色々なイベントが行われていますが、中から2つご紹介します。

春の訪れを祝う

4月末から5月の頭にかけて、明治神宮の一大イベント。
春の訪れを祝って行われる神楽舞、舞楽、能、狂言と言った伝統芸能が数多く行われ、私たちの目を。耳を楽しませてくれます。

人形感謝祭

10月に開催され、処分することになった人形を納めてもらいます。
顔があるものは、魂が宿ると言われています。私たちも人形はなかなか、捨てられないですよね。そこで当日、処分することにした人形を持ち込むと、3000円で神職さんがお祓いをしてくださいます。
それにより人形から魂が抜け、処分することができるとされています。

 

明治神宮も広大な敷地があり、場所場所でものすごいエネルギーとパワーで私たちをお迎えくださいます。だから。と言うわけでもありませんが、参拝をした後、ゆっくり境内を散策するのも、良いのではないでしょうか。