food

節分の恵方巻の具材や食べ方の由来と関西の節分でイワシを食べるわけ

こんにちわ。 モカです。

今年は、2月3日木曜日が、節分に当たります。
方位(恵方)は「北北西やや北」になります。
この方位は、歳徳神と呼ばれるその年の幸福を司る神さまがいる方向で、縁起の良い方向です。
そのため、ご利益が得られると言われています。

節分は一般的に立春に行い、邪気を払い、無病息災を願う行事です。

関西では、よく見られますが、関東では、ほとんどやられていないようです。
最近になってようやく、スーパーなどでも大きく取り上げられています。

恵方巻(丸かじり・丸かぶり)をする理由

恵方巻は元々は「丸かじり」・「丸かぶり」と言われていました。

関西では、多くの人が節分に恵方巻を食べるのは、大阪の御鮨屋が、元旦は繁盛し、2月は閑散としたために考え出したものだとも言われています。(3,4月は卒業式や入学式でまた、繫盛する為)
それが本当だとすると、バレンタインなどと変わらないです。
ですから、関東では、浸透していなかったのかもしれません。

恵方巻の具材は、多くは七種類とされている

恵方巻は、七福神にあやかり、七種類の具を使いノリで巻いています。
これは福を巻き込むと言う意味もあります。

代表的な具材の例は、かんぴょう・きゅうり・厚焼き玉子・ウナギ・シイタケ煮・高野豆腐、桜でんぶなどがあげられます。
大正時代から昭和初期には、漬物が度々、挙げられていました。
7種類であれば、具材は何でも良いので、その家庭やお店により、焼き鮭・みつば・かまぼこ(カニカマ)・ほうれん草などを使ったりします。

最近では、関東の方にも恵方巻は広がりをみせ、お店では「海鮮恵方巻」「ヒレカツ恵方巻」「サラダ恵方巻」などが種類も豊富です。
具材も7種類にはこだわらず、2種類や5種類と少なくしたものや11種類や15種類と多くしたものも見うけられてます。

恵方巻の食べ方は、包丁を入れない、話さない

恵方巻を1本、切らずに丸々食べます。
これは、途中で包丁を入れてしまうと縁が切れるを意味しています。
1本丸ごと食べるとなるとそれだけで、お腹がいっぱいになります。

最近では最初からのりを半分にして、恵方巻を作り、売っている所もあります。
恵方巻を作ると包丁を入れずに、食すことが出来、その他のおかずなども食べることが出来る為、この方が良いかもしれません。

恵方巻をその年の方角を向き、話をしないで食べます。とされています。
いくつかの意味があり、口に入れた福を話すことによって、口から逃げてしまわないように。と言われていたり、願い事をしながら、食べる為。など言われています。
後者の願い事をしながら食べると言うのは、話をするとお願い事が出来ない為。と言われています。

願い事もざっくりとした「合格しますように。」とかではなく、具体的に「2月の○○高校に合格できますように」と願う方が良いとされています。

また、恵方巻を口から離さないように食べ進めると縁が切れなくて良いということです。

これらは、色々な言い伝えがあり、他にもあると思われます。

節分にイワシを食べて、ヒイラギ鰯を作って門に飾る

イワシは栄養もあり、タウリンやDHA、カルシウムなどがある魚ですから、健康にも良いです。
新年にイワシを食べることで無病息災を願っています。

イワシの臭いも焼いたときの煙も鬼は嫌いなので、焼いて食べることが多いです。

イワシを焼いて食べると良いとされている理由

病魔などの悪い気は、鬼が持ってくるとされているため、焼きイワシを食べることにより、身体の中からの邪気となる鬼を追い払う事につながります。

イワシを炭火やグリルなどで焼くと煙がでることにより、煙を嫌がり家から鬼が出ていくとされています。

食べることにより、身体から邪気つまり、鬼を追い出すのとイワシを焼くことによりでる煙により鬼が出ていくとされていので、一石二鳥になりますね。

ヒイラギ鰯を門に飾る理由

ヒイラギの枝にイワシの頭を指したものを門に飾ると煙で去った鬼がヒイラギの葉のとげが鬼の目を指して、再び入って来れなくなります。
これは、魔除けですね。

ヒイラギ鰯は、関西でさえ、最近では、見なくなりました。

家族が揃って、豆まきをする理由

夜、家族がそろってから、年男、年女、厄年の人が撒くのが、厄を外に出す意味でもよいでしょう。
もちろん、家族全員で撒くのも良いです。

撒き方は、右手にマメを持ち、下投げでやります。
「鬼は外」と連呼し、鬼を外に追い払い、ドアを閉めてから「福は内」とするのが昔ながらのやり方だそうです。
「鬼は外」は奥の部屋から玄関に向かって投げるのが良いとされています。

今年一年の無病息災、商売繁盛を願いながら、家族で節分を過ごしましょう。