food

ダマにならないホワイトソースの作り方とそれを使ったアレンジレシピ

こんにちわ。  モカです。

突然ですが、ホワイトソースが自分で出来たら、料理のアレンジが沢山できて、良いですよね。
ホワイトソースは、自分で作るとだまが出来たりして、思うような滑らかなものが作れないんです。

そこで今回は簡単でだまにならないホワイトソースを作って、アレンジの幅を広げましょう。

だまが出来ない基本のホワイトソース

基本はバターと小麦粉は、同じ量です。
作る量で変えてください。
後は、牛乳を用意して下さい。
作るものによって、牛乳は、量を替えますので、その都度、変わります。

基本的なホワイトソースもちょっとした工夫で

①バター40gをフライパンで溶かします。
②半分ぐらいバターが溶けましたら、小麦粉を40g入れます。
しっかりと混ぜて下さい。
何となくチーズが溶けたみたいな見た目になるようにしっかりと小麦粉とバターを混ぜてください。(しっかりと。でも、焦がさないで下さい
④③に牛乳を50ccぐらいを入れて混ぜてください。
混ぜていたら、御団子状になるのでそこまで混ぜてください。
⑤団子状になったら、80ccぐらいの牛乳を入れます。
分離したみたいなになりますが、それでも混ぜ続けていれば、また、団子状になります。
そこまで、混ぜます。

⑥少しずつ牛乳を増やしていき、次の団子状になるまで次の牛乳を入れないで混ぜ続けてください。
⑦牛乳を入れて混ぜると続けているとだんだんと柔らかくお餅が伸びた状態になります。

玉ねぎを入れることでだまが出来ない

①玉ねぎを切ります。(クリームコロッケの時は、玉ねぎをみじん切りにしてください
その用途に合わせた切り方をしてください。
たとえば、ホワイトシチューなら半月切りがよいです。
②バターと小麦粉を同じ量用意します。
たとえば、バターを40グラム用意されたら小麦粉も40グラム用意します。
③バターを焦げない程度にお鍋で溶かしたら、そこに①の玉ねぎを入れて炒めます。
④玉ねぎにバターがなじんだら、そこに先ほどの小麦粉を入れて、玉ねぎと和えます。
⑤玉ねぎと小麦粉がなじんだら、今度は、50ccの牛乳を入れます。
で、あわせ、混ぜます。
⑥⑤綺麗になじんだら、また、牛乳を80cc入れます。
そして、⑤のように玉ねぎと牛乳がなじむまで混ぜます。
注意は、牛乳と玉ねぎ(小麦粉&牛乳)がしっかりとなじむまで混ぜてください。
⑦少しずつ牛乳を増やして、お餅が伸びたみたいになるまで同じことを繰り返してください。

大事な事は、玉ねぎを入れる時も入れない時も、しっかりとバターと小麦粉と牛乳が一緒になるまでしっかりと混ぜてください。

後は、ホワイトソースなので焦げないように気を付けてください。

ホワイトソースをもとにアレンジ

上記で作ったホワイトソースは、いわば、ホワイトソースのルーです。
これを使って、いろんなアレンジが出来ます。

ホワイトシチューを作ってみましょう

①ホワイトシチューの場合は、別のお鍋に鶏肉やニンジン、ジャガイモ、キノコ類などの野菜入れてをコンソメの入れて、スープで煮ます。
②①が煮あがったらホワイトソースの中にコンソメスープを入れます。
具はしっかりとホワイトソースとコンソメスープがまざった後で入れます。
最初はホワイトソースとコンソメスープが分離したみたいになりますが、火にかけてゆっくり、混ぜているとなじんできます。
③なじんだら、①の野菜を入れて下さい。
まだ、ルーが固い感じでしたら牛乳を入れてお好みの硬さに調節してください。
大事な事は③の所でコンソメスープとホワイトソースのルーをしっかりと混ぜてなじませることです。
④あとは塩コショウでお好みの味に仕上げて下されば、本格手作りホワイトシチューの出来上がりです。

グラタンを作ってみよう

①グラタンは上記のホワイトソースをグラタンの硬さまで牛乳で伸ばします。
②別のお鍋でマカロニやエビ、イカなど入れる具を茹でます。
③②が出来上がったらザルに上げて、①のホワイトソースの中に入れます。
この時に、茹でる必要のないマッシュルームやコーンなどを入れると良いです。
具が固まらないようにしっかりと混ぜます。味見はこの時にしてください。
具を入れると味が変わりますから。
④耐熱皿にバターを塗ってから③を入れます。
後はとろけるチーズと焦げ目をつけるためのパルメザンチーズを一緒にかけるのも良いでしょう。

また、バターを塗った耐熱皿に薄目に切ったジャガイモを敷いてから、③を入れるのも良いですよ。

後、アレンジとしては、少し硬めに牛乳で溶いて、そこにコーンやカニカマ、エビなどを入れて混ぜてから、冷まして等分に分けて、衣をつけてクリームコロッケなども出来ます。
具を入れてから味を調えて、それから、冷ましてください。
案外、コロッケのように形づくりが簡単にできます。

うちではチキンライスなどの上にホワイトをーすとかけて、ドリアにするのも、なかなか好評です。
オムライスの時に簡単なチキンライスの作り方も書いておきましたので、参考にしてください。

https://moka2019.com/omuraisu