travel

大掃除で鏡を綺麗にする家の中にある掃除道具

こんにちは。モカです。

もう、年末ですね。私の嫌いな大掃除の季節です。
しかし、昔みたいに大掃除だぞ!やるぞ!家族みんなでやっているご家庭はあまり、見ないように感じます。

 

鏡は場所で汚れが違うので使う道具も違う

鏡って、あちこちにありますが、ある場所によって、汚れは違います。
それを同じ道具や洗剤で落としても落ちないですよね。

姿見はこれで。

姿見の汚れは主に誇りと指紋ですよね。
まずは、この鏡をお掃除する道具を作りましょう。と言ってもそんなに大したものではありません。

まずは使わなくなった靴下2枚、1足分と使えなくなったストッキング1枚を用意してください。 ストッキングを股の所で切って、左右書く枚にします。
そして、靴下を左右を各自つま先より丸めてたものを2つ作ってください。それを先ほど切ったストッキングのつま先に入れて、それを中心にストッキングを巻いて、巻き終わりのストッキングの部分を裏返しにお稲荷さんのような形にします。

では、後は簡単です。1つを軽く水で濡らし、姿見を円を描くように水洗いしていきます。(ですが、水が垂れるほどでなくても大丈夫ですよ)
そして、もう1つの乾いた方で拭いていきますと、あなたが今までよりより美人に見えますよ。

 

洗面所はこれで。

洗面所の汚れは主に歯磨き粉や石鹸、整髪料などですね。

この汚れには新聞紙ですが、今、新聞紙を取っているご家庭も少なくなりましたよね。
では、ジャンプなどの雑誌の紙の部分でも大丈夫です。それを1枚ぐちゃぐちゃに丸めます。
そして、水に濡らして、先ほどと同じように円を描くように拭いていき、今度は乾いた新聞紙で拭いていけば、綺麗になります。
もちろん、新聞のインクが付いたりすることはありませんし、逆にそれがワックス効果をしてくれます。

本当には洗面所を使い終わったついでにその都度、拭いてくれるとそれもしなくてよいのですがね。

 

お風呂の鏡はこれで。

お風呂場の鏡はもちろん体や頭、顔などの石鹸泡が主ですよね。

そこには冬と言えば、この方。ご紹介します。ミカンです。よろしくお願いいたします。

ミカンの中身は暖かいこたつの中で召し上がってあげてください。必要なのは皮です。鏡全体を水で濡らしてから、ミカンの皮の外側の面で小さな円を描きながら、拭いてください。最後まで拭き終わしましたら、鏡をラップで覆って、10分放置しましょう。

放置したら今度はそのラップを剥がして、丸めてください。
でも、まだ捨てないでくださいね。もったいないのでもう1仕事していただきましょう。その丸めたラップで先ほどと同じように小さい円を描いていってください。
それが最後まで終われば、シャワーなどで鏡を洗ってあげてください。
きっとピカピカになっていると思いますよ。

 

窓はチャチャっと

外は寒いし、水を使うと手はかじかむし、嫌ですよね。だから、簡単に済ませたい。

外側の窓はズボラにチャチャっと。

なんて、言いますが、簡単。外側の窓から離れて、ホースで上から下へ網戸と一緒に砂埃などを流します。もちろん、網戸の砂埃などが窓についてしまうので、網戸を反対側にして、窓を流してあげてくださいね。
網戸の枠は雑巾で拭いてあげましょう。
後は自然に任せて乾かしていただきましょうね。気になる方は濡れていない新聞紙で拭いてあげてください。私はズボラなのでお日様にお任せしちゃいますが。

窓の溝は先ほど使った雑巾を溝ぎりぎりのところで山状において中が濡れないようにして中心から外側に向かって水を流します。
端っこに来たごみはとってあげましょうね。私は外に落としちゃいますけど。

内側の窓はこれで。

先ほどの洗面所の鏡と同じで丸めて濡らした新聞紙で拭いて、その後、乾いた新聞紙で拭いてくださいね。

どうですか?綺麗になりましたか?