food

アサリの砂抜きと保存方法。冷凍して熱湯に入れると剥き身が簡単!

こんにちわ。  モカです。

桜も終わり潮干狩りの時期ですね。
行かれる方も多いのでは、ないでしょうか?
こっちの方が大きいとか、ハマグリを見つけたと言いながら、夢中になって探します。

たくさん、取って近所に配る人やお家でアサリ三昧の方もいらっしゃることでしょう。

基本的なアサリの砂抜き

最近では、潮干狩りをしたところで海水を持って帰ってくださいと言うところも多いので、クーラーボックスを持って行って、そこに海水を入れて、アサリを網から出して、入れて帰る人も多いようです。

①お家に帰ったら、まず、アサリ同士をこすり合わせて、綺麗に洗って、あげましょう。
500mlのペットボトルに水をいれ、ふた二杯分をペットボトルに入れると3%の塩水が出来ます。
③ザルの上に出来るだけ平らにして、アサリを入れて、②の塩水を入れます。
アサリが呼吸をして、砂を吐き出してくれます。
ザルに入れるのは砂が網の下に落ちるからです。
塩水はアサリが頭が少し見えるぐらいにしてください。
全部、かぶってしまうとアサリが酸欠になって死んでしまいます
④その状態でアルミをかけて暗くしてあげてください。
アルミでなく、新聞などでも大丈夫です。
⑤④の状態で一時間ほど置いておくと砂抜き完了です。
冷蔵庫などに入れてしまうと冷えすぎてしまうので常温の状態で放置してください。
⑥⑤が終わったらザルを水から上げて、そのままの状態で30分ほどほっておきましょう。
水管からいらない分の塩分を出してくれ、塩分調整をしてくれます。

ザルの下の入れ物に砂が出ていれば、砂抜きが出来た状態です。
中には1時間以上しても砂が抜けていないのが、ありますが、それは、口が空いても死んでしまっている状態だからです。

砂抜きしたアサリの保存法

潮干狩りなどでは、たくさん取ってくるため、一日では、食べきれない事もあります。
そこで、知っておくと良いのが、砂抜きが終わって、再度、綺麗に洗ったアサリを一回に使ずつに袋に分けます。
アサリを入れた袋から空気を抜いて、冷凍室に入れておくと一ヶ月ぐらいは、持ちます。

上記の事をしてくともう1つ良いことがあります。
それは、殻から身がすぐに離れるのです。

熱湯に先ほどの凍ったアサリを入れて、いつものように殻が空くまで待っていてください。
びっくりする簡単に身がとれます。
お鍋の中で身が落ちなくても、ちょっと触っただけで、殻は外せます。

アサリの美味しいレシピ

アサリは、やっぱり酒蒸しでしょうか。
おいしいですし、簡単ですし。
ボンゴレなんかも良いですね。
たくさんあると同じレシピばかりとは、行かないので、ちょっとしたレシピをお教えします。

アサリご飯のレシピ

これも基本は、入れて炊くだけなので簡単ですし、美味しいです。

①熱湯に冷凍をしたあっさりを入れます。
アサリは、少し多めにした方が良いです。 基本の具は、アサリしかないので。
あまり茹でるとアサリが縮んでしまうので気を付けて久台。
②ボールにアサリの味が出た煮汁とアサリの身を分けます。
煮汁は、そのまま味付けをして炊飯器に入れてしまうので、ザルなので一度、越しておく方が良いと思います。
③煮汁に塩を少々と醤油を少々入れます。(味付けは、ご飯に味のつく程度であまり濃くない方)が良いです。
折角のアサリの煮汁とアサリの味が消えてしまいます。
④擦った生生姜、またはチューブの生姜を臭みけしに入れます。小さじ1/2程度。
⑤④をお米の入った炊飯器に入れます。
茹でる時に多めのお湯で湯掻いておく方が足りない事が無くて、よいです。
⑥アサリの身は、炊きあがってから入れるので、殻から身を外して、おいて下さい。
青ネギ切って最後にご飯を持った後の飾りに使います。
⑦ご飯が炊けたら、アサリの身を入れて軽く混ぜて、蓋をして10分ほど蒸らします。
⑧お茶碗に盛り、青ネギを散らしたら出来上がりです。

お子さんが食べる時などは、生姜も青ネギも少なめにしてあげてください。
大人の方が召し上がる場合は、針生姜があったら、見栄えも良いかと思います。

アサリの揚げ物レシピを2つ

1つは、簡単にアサリの串揚げにしましょう。
剥き身になったアサリを串に刺して、衣をつけてフライに。
塩や天つゆ、ソースなどでも美味しいですよ。

もう、一つは、かき揚げにします。
新ショウガを薄目の短冊状に。わけぎ3cmくらいです。
それに主役の剥き身のアサリ。
後は、いつも入れる、かき揚げにの具を足して、揚げても良いです。(ニンジンや玉ねぎ、ごぼうなど)
②①に全体的に小麦粉をまぶして、あげてください。
③てんぷら粉に表示通り水で溶いて下さい。
④③の中に②を入れて、全体にまんべんなくてんぷら粉を付けてください。
⑤あとは、200℃ぐらいの油の中に入れます。
上手くかき揚げにならない方は、クッキングシートを四角に切り、その上で平らに丸くのせてから油の中にクッキングシートを下にして、入れてください。
ひっくり返すときにクッキングシートは、すぐに剥がれます。
または、フライ返しの上で丸く広げて、油の中に滑るように入れるのも良いでしょう。
カラっと揚れば出来上がりです。
塩、天つゆで、召し上がり下さい。

色々な食して季節を味わってみて下さい。